2016年05月25日

今、逢いに行くぞ。海の向こうだろうが。

01c0b650101e557e3153a962a6e050ed07950011fe.jpg

 かつて、このブログで私は、富士宮という町にザ・G・N・Nこと太孝クレーン総大将、佐野「男の中の男」孝男なる、スッゴイ漢(おとこと呼んでください)が実在することを記しました。

 いまさら言うまでもありませんが、G・N・Nとは、皆さんご存知、義理・人情・浪花節の頭文字であるわけです。

 自身の愛馬「GR−120N」を下取りに出して以来、その苦楽を共にしてきた愛馬の行く末が気になって仕方のない日々を過ごす中、弊社営業よりその愛馬が台湾の台南という町で第二のクレーン人生を送っているのと情報を聞きつけ、居ても立ってもいられない感情が沸き起こり、すぐさま、外務省にパスポートを申請、優秀な息子さんに飛行機チケットを手配してもらい、気が付けば、台北松山空港にいたわけです。

 そこから、台北ステーションに移動、矢継ぎ早に、黄色い色でお馴染み、台湾新幹線に乗り継ぎ、「台南駅」に到着。レンタカーを借り、ナビゲーションにない場所にいる愛馬を探し車で約一時間、「俺の愛馬はどこだ」とばかりに現地の住民に手あたり次第方々で聞き取り調査をしつつ、ついに、「あっ、あれじゃないの?」といった感じに前方に車両を確認。

012c5b6928a74ca304fa69f52bc6bd9e2d1b63132b.jpg

 リアル「うるるん訪問記」「クレーン訪ねて3000里」とは、このことですわ。

 現在、その「GR−120N」をご使用になられている台南に居を構える「凱揮」社の社長様が温かく出迎えてくださり、日本から長く使用していたクレーン車を訪ねてきた旨を説明すると、凱揮社長、まさかの「号泣」。「俺が大事に使っているから安心してくれ」と佐野社長に号泣しながら熱烈なハグ。そして、笑顔になり、熱い握手⇒記念撮影となったわけです。

012ab0427c0d789ea56b72d3d2bd85f019efd625d7.jpg

 凱揮社長曰く、「これから先、太孝クレーンの使用クレーンは全て凱揮で買い取る」との意気に感ずるメッセージもいただき、佐野社長も「こんなイイ漢に使われているんならこのクレーンも幸せだ」との大満足で台南を後にしたのでした。

 佐野社長、同行した息子さんがGPSで車両の保管場所をクリップしてあると思うので、これからは、思う存分、グーグルアースで確認してください。








posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

愛鷹PA・スマートインター開通!!


20160319_151111.jpg

  平成28年3月19日、待ちに待った東名高速道路「愛鷹PA」スマートインター開通ですよ。

  これまで、トモエ自工は沼津インターからも遠く、富士インターからも遠いという立地条件から「陸の孤島」もしくは「鬼の哭く街・カサンドラ」と呼ばれてきました。

  東京方面から来るお客様は用賀から沼津までが東名高速でおよそ1時間なのに、沼津インター降りてからトモエ自工までが45分などという、ストレス極まりない交通アクセスに苛まれてきたわけです。

  安心してください。もう、大丈夫ですよ。スマートインターが開通したからです。

  実際、使用してみると今までの時間は何だったんだと思うほどスイスイです。

  そして、なんと、平成29年3月には新東名「駿河湾沼津SA」もスマートインターにという夢のような状況が待っているのです。トモエ自工から5分くらいで新東名に乗り降りできるようになるわけです。

  ますます、皆さまとトモエ自工が近くなります。

  もう、寂しくない。

posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

熊谷うどん、再確認。


 私は以前、このブログで「熊谷うどん」なる埼玉県熊谷市地方の原住民の方々が普段食している郷土料理を紹介したことがあろうと記憶しています。

 熊谷には、トモエ自工の関連会社であり、トモエグループの最終兵器である「東京車輛」という部隊が駐留しているため、年に数回、訪れているわけです。

 平成28年に入り、そんな東京車輛が、ありがたいことに業務拡張のため(本当にありがとうございます!)新工場を取得することとなり、度々、私は熊谷を訪れていたわけです。

 そして、いつものうどん屋『田舎っぺ』さん(切に沼津に出店してほしい!)で昼食をとっていたわけです。
 が、ふと、見ると、まさかのメニューが壁に…

  20160125_115547.jpg

 今まで、気が付かなかった…

 そして、さらに、その横に…

 20160125_115506.jpg


 うどん、余ってんのかな?



posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

ゴナ・フライ・ナウ

DSC_2201.jpg

 
 この人と友達になると苦労するだろうなって思う人に稀に遭遇したりします。
 19歳の頃、初めてデビッド・ボウイのレコードジャケットを見たときですね。そう思ったのは。
 それは暴走する人間凶器にしか見えず、知り合いの猪俣君に薦められてボウイを手にした訳ですが、なにせ田舎もんの自分は「ワシゃついていけんよ…猪俣君…」と心の中で呟いたものです。
 
 「僕は変かな?」
 「ああ、変だよ」
 「真面目に聞いてよ!僕は変かい?」
 「ああ、でも、それがどうした?みんな変だぜ」

 自我の確立の為にはボウイを通過することが必要だったのかもしれません。

 この人は宇宙から落ちてきた人だから宇宙のことを歌にしてるんだぁって思ってた矢先に「実のところ、僕は宇宙(スペース)なんかに興味ないんだな。」発言。
 僕はボウイからメッセージで大事なのはその内容や中身ではなく「形式」であることを学びました。

 何を言うかなんて重要なことではない。どういう風に言うかなんだ、ということです。

 その後、僕は今までそう意識して生きてきたし、これからもそうして生きて行くと思います。

 自称「音楽通」の猪俣君(レコード3000枚保有)がこう言ってました。
 「デビッド・ボウイっていいよね。」

 猪俣君、今までも、そして、これからもずっと「イイ」と思うよ。


 デビッド・ボウイさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


posted by ネイチャーアンクル at 14:30| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

明けましておめでとうございます。

DSCF0037.JPG

 明けましておめでとうございます。

 2016年、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 昨年は、というか、昨年もなんやかんやあり、心の平穏はいつ訪れるのかと切に問い掛けたい日々を過ごして参りました。これはアメリカのせいなのかな、とか、今回は中国のせいなんだろうか、と自分の身の廻りに起こるよしなしごとを慮り、精神の安定を求めて参りました。

 できたら、パキスタン人を怒鳴りつけるようなことはもうしたくない。パキスタン人を「バカ!」と罵りたくない。パキスタン人を小突き回したりしたくない。パキスタン人を…。

 今年は「サル」年ですね。

 小学生の頃、ジャッキーチェンの映画はよく観てました。

 「酔拳」は「ドランクモンキー」。「笑拳」は「クレイジーモンキー」。でも「蛇拳」は「スネークモンキー」ってなんやねん?って思ってました。

 「笑拳」が一番無理があって好きだったなー。今年はクレイジーモンキーになって人間本来の感情である「喜」「怒」「哀」「楽」を爆発させます!!






 








posted by ネイチャーアンクル at 14:21| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年の年末に思うよしなしごと〜自由律俳句にのせて〜

DSC_0836.JPG

 2015年年末に渾身の想いを込めて自由律俳句を詠みます。

 〜重力に抗う天使〜

 寿命未だ50歳パキスタン人の年越し

 コーランに書いてないことで激怒される年末

 年の瀬に祈祷師っていいもん?わるもん?

 沼津系ゆるキャラ知らぬ間に増殖

 晦日そわそわでなくおどおど事務員

 河原崎プチパニック発生の初春

 来年も連絡がとれますようにと合掌


 良いお年をと言われ想いを馳せること多々ある年末、皆様の来年が善き年になりますよう切にお祈り申し上げます。本年も誠にありがとうございました。




 
posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

よくある質問

1441621042513_edited.jpg


 皆さま、残暑厳しい折、健やかにお過ごしでしょうか?

 些細なことにパニックにならず、落ち着いてどうぞご自愛の日を送っていただきたいと切に願っております。

 さて、ナガブチ、魂の叫び、ふもとっぱらオールナイトライブの余韻冷めやらぬ今日この頃ですが、弊社「横浜COP営業本部」に来訪されるお客様より度々寄せられる質問があります。

 それは「木村さんは横浜ベイスターズが好きなんですか?」というものです。

 壁にかけてあるベイスターズのユニホームを見てのご質問なのですが、いずれの方もフレンドリーなトーンで訊ねてこられます。
 木村にもこんな一面があるのかと。

 このユニホームは昨年、カトリーナ級の台風が関東を通過する最中、お世話になっている保険会社さんのご厚意で横浜スタジアムのチケットが取れましたとの情報の中、田淵が阪神のユニホームを着てレフトスタンドに田淵らしい放物線を描いてホームランを放ったのを肉眼で見て以来、ニコニコする某関係会社の社長(横浜ファン歴45年)に連れられ、横浜スタジアムを初めて訪れた際、「もう、二度とこんな場所に来ることはないだろう、きっとそうだ。」との思いの中、観光旅行で訪れたよく知らない地方の提灯やペナント(「鳥取砂丘」とか書いてあるやつです)を購入するノリで買い求めたものなのです。

 カッパ着て傘さして観ましたからね。でもこれがまれに見る好ゲームで一進一退のシーソーゲーム。ハラハラドキドキで試合終わったの22時過ぎてましたから。途中、保険会社の方の「気持ち、雨が弱くなってきた気がしますよね。」とか言うこっちが気の毒になるような懸命の悪気ないフォローが更に強くなる風雨に洗い流される時間を過ごしたわけです。

 野球にはほとんど興味ないです。ディーエヌエーって何の会社ですか?中畑絶好調が監督なのは聞かされて知りましたが、わけの分からないキューバ人の名前(2名)は最後まで覚えられなかったです。


 もう、たぶん行かないと思います。ごめんなさい。









posted by ネイチャーアンクル at 15:17| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

七転八起ではない、七転八倒である

21193354942_2615986d49_o.jpg


 今回、ご縁があって沼津千本浜公園ほど近い沼津倶楽部ヨコに住居を借用することにしました。使用は10月1日からを予定しております。一部社員寮兼迎賓館としての使用を構想しております。いずれかの日に皆さまをお招きできる日が来ようかと存じております。

 さて、そんな新迎賓館「巴倶楽部」に設置する各種のオブジェを取り揃えようと、今回、「山梨のおじさん」ことⅯ氏(たぶん望月さんという苗字だと思います。どうでもいいよねそんなこと)を3年ぶりに訪れることにしたわけです。

 おじさんは骨董品の収集を実益と趣味の微妙な境界線上で生業としていて虚実混交の人です。
 「あんたがそんなこと言っちゃあダメだよ」「買ってくださーい、よろしくお願いしまーす」「値切るなよぉ」が口癖のアンダーグランドなリアル無頼派です。なんて言うのかなぁ、明日はどっちだ、ああこっちか、えっ、そっちなの?じゃあ、3万円でいいよ。おまけも付けるから、みたいな人です。

  ♪♪何か〜ら何ま〜で 真っ暗闇よ〜 筋の通らぬことば〜か〜り〜
   右を向いても左をみても〜 バカとアホウの絡み〜あ〜い〜
   どこに男の夢があ〜る〜 ♪♪
  (セリフ)
   なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
   そういう私も日陰育ちのひねくれ者
   お天道さまに背中を向けて歩く、バカな人間でございます
          (鶴田浩二 『傷だらけの人生』より抜粋)

  可哀想になったので謎の仏像9体セットを買ってしまいました。

  最初は12体セットだとの説明の中、数えてみたら9体しかなく、おじさんに「全部そろってないですよ。ダメじゃないですか」と指摘すると、「こんなのは全部そろうわけないの!全部そろうわけないじゃん!」とお説教をくらわされました。おじさん、ごめんなさい。

  
  生まれた土地は荒れ放題 今の世の中 右も左も真っ暗じゃござんせんか… 
  (鶴田浩二風の口調で)

  おじさんの古い蓄音機を必死になって「大丈夫だよ。ちゃんと音は出るんだから」と言いつつ、グルグルグルグル、グルグルグルグル、廻し続ける姿は感動すら覚えました。


  生きていくって本当にしんどいものなんですね。
 


  


posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

「漢」と書いて「オトコ」と読む

DSCF0711.JPG

  ヒルズ族、草食系男子、ぱみゅぱみゅといった跳梁が跋扈する今日、真の日本男児を観ることが本当に少なくなりました。正直者が馬鹿を見る時代といってもいいのかもしれません。

  そんな中、皆さんは富士宮という街に「漢」と書いて「オトコ」と読む、真のサムライ、佐野・太孝クレーン・孝男社長が目立たぬように、はしゃがぬように、地元の素敵なお客様たちと日々、心のお付き合いをしているのをご存じでしょうか?

  今回、長年、苦楽を共にしたラフタークレーンを下取りに出すことに。

  泣く人いないでしょ、普通。

  港まで付いてくる人いますか?普通。

  下取り機の行き先である台湾・高雄市に「オレの下の名前と一緒だから」と言いつつクレーンと一緒に行こうとする人いますか?クレーン屋の社長で。この後、本当に冗談抜きで行くんです。

  全部、真顔でやってますからね。

  今どき、時代おくれ、でしょうか?


  そんな佐野社長が僕は大好きです。

posted by ネイチャーアンクル at 16:55| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

ゴーストライター

DSC_0097.JPG

 この文章は、配属先の横浜で書いています。トモエ自工COP営業本部はオフィス街にありながら、山下公園、横浜港に近く、心が洗われますね。

 白状します。これまでご愛読いただいておりました「Nature Boy Monthly」で実はわたくし、木村社長のゴーストライターを務めておりました。わたくし新聞記者でした。異動となり、わたくしも世間を騒がした「ゴースト騒動」で知られるようになった某氏のように心を入れ替え、素直になろうと決心した次第であります。木村社長は壁に何度も頭を打ち付け怒りながらも最終的にはOKを出してくれました。坊主頭にしたのが功を奏したのかもしれません。そこまでの覚悟でした。

DSC_0079.JPG

 もちろん、ゴーストライターを務めるには、“なりすます”人の考え、性格などを把握していなければなりません。言ってしまえば、筆者として名前の出る人物が面白くなければ、面白い文章は書けません。その点、社長はビジョンがしっかりしていたので、書きやすかったです。また、クレーン業界に異業種から転職してきた人間にとって、ゴーストライターになることはとても勉強になりました。

 自分の書きたいことと社長の考えることの違いで、苦しかったこともありました。やはり、文章というものは書き手の性格が出るものですからね。そこは「心との戦い方」です。不世出の格闘家、ヒクソン・グレーシーの著書のタイトルです。彼は自分の強さの秘密として「心の強さ」を挙げていました。なるほど。自分もゴーストライターになることで、我慢することの大切さ、人の意見を尊重することの大事さなどを学び成長していったのかもしれません。

 黒子が表に出ることは、本来、あってはならないことです。正体がバレれば最後、ということです。しかし、歴史をひもとくと、ひとかどの人物には常に影武者のような存在が見え隠れします。ゴーストライターは影武者です。落ち武者となる危険性が非常に高い人間です。だからこそ面白いことも多いのです。

 二人三脚。いい言葉です。これからは「ゴーストライター」というコーナーで自分なりの文章を書くことになりますが、社長とのコンビは続いていきます。さまざまな仕掛けを考えていきます。文章で皆様に伝えていきます。「トモエ自工のHPに楽しみが増えた」と思っていただければ幸いです。

 わたくしのプロフィールを少々。本名はSですが、ニックネームは「ウォーズマン」です。「ウォさん」で構いません。趣味はボディービルなど。好きな食べ物は高野豆腐、得意技は約束が滞っている方への細目なお電話(過払い金は戻ってくる可能性があります)。好きな言葉は「エイドリアーン アイ ディドゥ イット!」。



 
posted by ネイチャーアンクル at 10:18| 静岡 ☀| ゴーストライター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする