2016年11月10日

河原崎家のお兄さん


 以前、このブログでトモエ自工には「巴倶楽部」なる保養所が存在することに少し触れました。

 それは、沼津千本浜公園にほど近い閑静な住宅街の中に立地し、トモエ自工に関係する皆様のご来訪を心より歓迎する癒しのオアシスなのです。

 そこには、トモエ自工の「酔拳6段」河原崎管理人が絶えず常駐しており(平日の夜ちょこちょこ行方不明になる)、また、その河原崎管理人の「お兄さん」河原崎三郎も皆様をお迎えいたします。

 下が、河原崎三郎です。

20160703_185635.jpg

 首を絞めて虐待しているわけではありません。カメラのアングルのせいです。

 三郎兄さん、やりたい放題です。散歩拒否、保養所の任意の場所に「地雷」設置、咆えまくる、走り廻る、基本的に言うことを聞かない、などなど。

 どうしたらいいですか。タイ陸軍の特殊コマンド部隊に体験入隊でもさせましょうか。


posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

上海レガシー、いや、エレジー。


 今回、目的はまだこのブログで明かせないのですが(そんなのばっかりでつまんない!)、中国大陸の「北海」という都市に訪問する必要が生じたため、飛行機に乗り、トランジットの地、上海に降り立つことになったわけです。

!cid_881471078559527.jpg

 上海での滞在可能時間が約5時間と「弾丸」な感じであったのですが、せっかくなので、浦東国際空港から上海市街地まで出てみることにしました。同行した関連会社社長(この人が基本的に引率する側、僕は引率される側、たぶん)はほぼゼロに近い感じの「ノープラン」で「空港の周りをブラブラする予定だった」とのことで、行きの飛行機の中で上海の地図をほぼ初めて見てるという状況の中、45歳と50歳のおじさん二人が「はじめてのおつかい IN 上海」ばりに書いてある漢字(いいね、こういう場合)を頼りに「上海リニアモーターカー」に搭乗し上海市内を目指すことに。時速430キロ出るらしいですからね。あっという間でした。

 上海といえば、かつて、何かの因果で土井君とカラオケに行くことがあって(たぶん後にも先にもこの一度だけ)、その昔、学生時代、グリークラブでならした歌声で何を歌うのかと思いきや、選曲したのが「上海帰りのリル」。何時代やねん。いま、平成やぞ。という周囲の無形のツッコミを平然と柳に風と受け流し、悲しげな曲調に合わせブルースに歌い上げた新大久保の夕暮れを思い出さずにはいられないのです。

 ♪海を渡ってきた ひとりぼっちで来た 望み捨てるな リル 上海帰りのリル リル♪

 僕のそんなノスタルジー&センチメンタルな旅情をよそに、同行のK社長は食べもの、飲みものの話ばかり。

 「木村さん、見て、味が予想できるものを食べましょう。」

 K社長、ここで守りに入っちゃダメだ。上海とは「伝統と革新」が融合する街。自分の感覚を信じ、口に入れてヤバいと思ったら即吐き出す。多少違和感があっても、イケそうな気がしたら飲み込む。

 それが2016年現代の「センター オブ ユニバース」を体感する方法だと思いますよ。


posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

作ってみました。


 普段、街で雑貨を見たりするのが好きです。
 田中君は見るだけに終始し、散々見廻った挙句「本当に欲しいものに巡り合わない」とアンニュイな買わない言い訳をつぶやいたりします。
 僕はとりあえず「おっ」と思ったものは「本当に」購入するノリでその対象と向かい合い、大抵の場合は「買っときますか……」の自己確認の後にレジに向かいます。田中君はこの行為を「ザ・無駄遣い」と批判してくるわけですが、しょうがないじゃないか、映画「シャーロックホームズ・シャドウゲーム」のロバートダウニーJrの部屋みたいな生活環境に憧れているんだから。部屋を密林みたいにしたいんだよ!

 と、まあ、そんな雑貨巡りをしながら代官山とか代官山とか代官山をブラブラブラブラブラブラするのがイケてる週末の過ごし方、「オレ、2016年の東京を消費してるっ」的なライフスタイルだと確信してる45歳の秋なわけですが、クレーンをモチーフにした雑貨があれば、即ゲットしています。ポストカードとか置物だとか。ただ、めったにお目にかからないんですよね。

 だから、自分で作ってみました。

 1462688402787.jpg

 ラフタークレーン「簡易リュック」です。背負って渋谷の街を闊歩してみました。

 この画ずら、ヤバいですよ。と、田中君が言うのですけど、なにがダメなのかさっぱり解らない。

 お弁当箱とスマホケースも作成しました。クレーンまみれ、いや、クレーンざんまいです。


 やればできる。やればなんでもできるんだよ。やればいいんだ。


posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

2016 夏のおもひでぽろぽろ


1473728395832.jpg

 太陽が燦々と照り付けてくる昨今、皆さんには夏が来れば思い出す景色なんてものがありますか?

 人間45年も生きていれば、そして、人の心の温かみというものを持ち合わせていれば、そういったセンチメンタルな光景を一つ二つは誰しも持っていようものです。

 若い頃から真夜中のダンディになるべく生きてきたボクは自分自身に汚れきった今こそ問い掛けるのです。

 「お前は憧れというものを知っているのか?」と。


 トモエ自工の本社工場がある沼津市一本松という地域に隣接する形で浮島というワンダーランドが存在しています。
 その浮島の原住民の方々が今から数年前より夏にヒマワリが咲き誇るイベントを演出しておられます。
 その名も「浮島ひまわり祭り IN ひまわりランド」。

 1473728401716.jpg
 
 今年2016年は約3000人を超える来場者があったものの、新東名高速道路「駿河湾沼津SA」スマートインターの整備が完了し迎える「来年が本番」とのこと。ただ、どうしても子供たちのために導入したいご当地キャラ(うきしぃーで検索!)の着ぐるみ予算オーバーとのこと。カネの話になると実行委員会みんな沈黙するとのこと。
 
 
 ボクが知り合いの政治家を使ってなんとかしてあげましょうか……。

 
 
posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

今、逢いに行くぞ。海の向こうだろうが。

01c0b650101e557e3153a962a6e050ed07950011fe.jpg

 かつて、このブログで私は、富士宮という町にザ・G・N・Nこと太孝クレーン総大将、佐野「男の中の男」孝男なる、スッゴイ漢(おとこと呼んでください)が実在することを記しました。

 いまさら言うまでもありませんが、G・N・Nとは、皆さんご存知、義理・人情・浪花節の頭文字であるわけです。

 自身の愛馬「GR−120N」を下取りに出して以来、その苦楽を共にしてきた愛馬の行く末が気になって仕方のない日々を過ごす中、弊社営業よりその愛馬が台湾の台南という町で第二のクレーン人生を送っているのと情報を聞きつけ、居ても立ってもいられない感情が沸き起こり、すぐさま、外務省にパスポートを申請、優秀な息子さんに飛行機チケットを手配してもらい、気が付けば、台北松山空港にいたわけです。

 そこから、台北ステーションに移動、矢継ぎ早に、黄色い色でお馴染み、台湾新幹線に乗り継ぎ、「台南駅」に到着。レンタカーを借り、ナビゲーションにない場所にいる愛馬を探し車で約一時間、「俺の愛馬はどこだ」とばかりに現地の住民に手あたり次第方々で聞き取り調査をしつつ、ついに、「あっ、あれじゃないの?」といった感じに前方に車両を確認。

012c5b6928a74ca304fa69f52bc6bd9e2d1b63132b.jpg

 リアル「うるるん訪問記」「クレーン訪ねて3000里」とは、このことですわ。

 現在、その「GR−120N」をご使用になられている台南に居を構える「凱揮」社の社長様が温かく出迎えてくださり、日本から長く使用していたクレーン車を訪ねてきた旨を説明すると、凱揮社長、まさかの「号泣」。「俺が大事に使っているから安心してくれ」と佐野社長に号泣しながら熱烈なハグ。そして、笑顔になり、熱い握手⇒記念撮影となったわけです。

012ab0427c0d789ea56b72d3d2bd85f019efd625d7.jpg

 凱揮社長曰く、「これから先、太孝クレーンの使用クレーンは全て凱揮で買い取る」との意気に感ずるメッセージもいただき、佐野社長も「こんなイイ漢に使われているんならこのクレーンも幸せだ」との大満足で台南を後にしたのでした。

 佐野社長、同行した息子さんがGPSで車両の保管場所をクリップしてあると思うので、これからは、思う存分、グーグルアースで確認してください。








posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

愛鷹PA・スマートインター開通!!


20160319_151111.jpg

  平成28年3月19日、待ちに待った東名高速道路「愛鷹PA」スマートインター開通ですよ。

  これまで、トモエ自工は沼津インターからも遠く、富士インターからも遠いという立地条件から「陸の孤島」もしくは「鬼の哭く街・カサンドラ」と呼ばれてきました。

  東京方面から来るお客様は用賀から沼津までが東名高速でおよそ1時間なのに、沼津インター降りてからトモエ自工までが45分などという、ストレス極まりない交通アクセスに苛まれてきたわけです。

  安心してください。もう、大丈夫ですよ。スマートインターが開通したからです。

  実際、使用してみると今までの時間は何だったんだと思うほどスイスイです。

  そして、なんと、平成29年3月には新東名「駿河湾沼津SA」もスマートインターにという夢のような状況が待っているのです。トモエ自工から5分くらいで新東名に乗り降りできるようになるわけです。

  ますます、皆さまとトモエ自工が近くなります。

  もう、寂しくない。

posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

熊谷うどん、再確認。


  私は以前、このブログで「熊谷うどん」なる埼玉県熊谷市地方の原住民の方々が普段食している郷土料理を紹介したことがあろうと記憶しています。

  熊谷には、トモエ自工の関連会社であり、トモエグループの最終兵器である「東京車輛」という部隊が駐留しているため、年に数回、訪れているわけです。

  平成28年に入り、そんな東京車輛が、ありがたいことに業務拡張のため(本当にありがとうございます!)新工場を取得することとなり、度々、私は熊谷を訪れていたわけです。

  そして、いつものうどん屋『田舎っぺ』さんで昼食をとっていたわけです。が、ふと、見ると、まさかのメニューが壁に…

  20160125_115547.jpg

  今まで、気が付かなかった…

  そして、さらに、その横に…

 20160125_115506.jpg


  うどん、余ってんのかな?



posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

ゴナ・フライ・ナウ

DSC_2201.jpg

 
 この人と友達になると苦労するだろうなって思う人に稀に遭遇したりします。
 19歳の頃、初めてデビッド・ボウイのレコードジャケットを見たときですね。そう思ったのは。
 それは暴走する人間凶器にしか見えず、知り合いの猪俣君に薦められてボウイを手にした訳ですが、なにせ田舎もんの自分は「ワシゃついていけんよ…猪俣君…」と心の中で呟いたものです。
 
 「僕は変かな?」
 「ああ、変だよ」
 「真面目に聞いてよ!僕は変かい?」
 「ああ、でも、それがどうした?みんな変だぜ」

 自我の確立の為にはボウイを通過することが必要だったのかもしれません。

 この人は宇宙から落ちてきた人だから宇宙のことを歌にしてるんだぁって思ってた矢先に「実のところ、僕は宇宙(スペース)なんかに興味ないんだな。」発言。
 僕はボウイからメッセージで大事なのはその内容や中身ではなく「形式」であることを学びました。

 何を言うかなんて重要なことではない。どういう風に言うかなんだ、ということです。

 その後、僕は今までそう意識して生きてきたし、これからもそうして生きて行くと思います。

 自称「音楽通」の猪俣君(レコード3000枚保有)がこう言ってました。
 「デビッド・ボウイっていいよね。」

 猪俣君、今までも、そして、これからもずっと「イイ」と思うよ。


 デビッド・ボウイさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


posted by ネイチャーアンクル at 14:30| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

明けましておめでとうございます。

DSCF0037.JPG

 明けましておめでとうございます。

 2016年、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 昨年は、というか、昨年もなんやかんやあり、心の平穏はいつ訪れるのかと切に問い掛けたい日々を過ごして参りました。これはアメリカのせいなのかな、とか、今回は中国のせいなんだろうか、と自分の身の廻りに起こるよしなしごとを慮り、精神の安定を求めて参りました。

 できたら、パキスタン人を怒鳴りつけるようなことはもうしたくない。パキスタン人を「バカ!」と罵りたくない。パキスタン人を小突き回したりしたくない。パキスタン人を…。

 今年は「サル」年ですね。

 小学生の頃、ジャッキーチェンの映画はよく観てました。

 「酔拳」は「ドランクモンキー」。「笑拳」は「クレイジーモンキー」。でも「蛇拳」は「スネークモンキー」ってなんやねん?って思ってました。

 「笑拳」が一番無理があって好きだったなー。今年はクレイジーモンキーになって人間本来の感情である「喜」「怒」「哀」「楽」を爆発させます!!






 








posted by ネイチャーアンクル at 14:21| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年の年末に思うよしなしごと〜自由律俳句にのせて〜

DSC_0836.JPG

 2015年年末に渾身の想いを込めて自由律俳句を詠みます。

 〜重力に抗う天使〜

 寿命未だ50歳パキスタン人の年越し

 コーランに書いてないことで激怒される年末

 年の瀬に祈祷師っていいもん?わるもん?

 沼津系ゆるキャラ知らぬ間に増殖

 晦日そわそわでなくおどおど事務員

 河原崎プチパニック発生の初春

 来年も連絡がとれますようにと合掌


 良いお年をと言われ想いを馳せること多々ある年末、皆様の来年が善き年になりますよう切にお祈り申し上げます。本年も誠にありがとうございました。




 
posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする