2017年09月24日

そして、伝説へ…

ゴールデン ロボQ.jpg

 始まりがあれば終わりがある。

 老兵は死なず ただ、去りゆくのみ。

 私が大学を卒業して初めて就職した会社が「タダノ」。初めて赴任したのが「静岡営業所」。そこで、待っていてくれた唯一の先輩社員、初めての素敵な先輩社員が小田さんだったわけです。
 とても温厚で落ち着いた雰囲気の小田さん。静岡になんらの身寄りも伝手もない20代の自分は何かあると小田さんを頼りにしていました。当時は奥様にも大変お世話になりました。宜しくお伝えください。
 そんな、小田さんが今年を以て一旦タダノの定年を迎えられるということで、とにかく、一言直接お礼が言いたくて、今回、あらゆる恩讐を超え、禁断の地、「タダノ両国ビル」に足を踏み入れることになりました。
 なにせ、「デビルマン」または「バビル2世」として両国ビルのブラックリスト入りしてますから警報鳴るかと思いましたが、小田さんに結界を解いていただいてたお陰でノーダメージで入場できました。
 久々の、そして、大変ご無沙汰の面談となりましたが、20年前となんら変わらぬ笑顔で応対していただき、懐かしくハートフルな時間となりました。

 小田さん、お疲れ様でした!

 今後はタダノに残り後進の指導に当たられるとのこと。小田さんは教え方が優しいので今の「ゆとり世代」にはジャストフィットする指導になると思います。
 歌の上手い小田さん。チャゲ&飛鳥の曲目は十八番で場末のカラオケスナックのオヤジ連中を黙らせるくらいの力を持っています。
 若いタダノマンを夜中の4時くらいまで錦糸町界隈のスナックで引きずりまわし、ド演歌のみを連続50曲程度熱唱し、この世の世知辛さを骨の髄まで叩き込んでやってください。

 画像は「ロボQ」です。しかも、1000体に10体しか製造されなかったと噂の「ゴールデン・ロボQ」。面談したタダノ両国ビルの応接室に鎮座してあったので驚愕のあまり撮影してしまいました。

 お茶を持ってきてくれた若い社員に「この模型、なんだか知ってる?」と聞くと、「えっ、なんでしょうね?今までここに置いておるの気づきませんでした。何ですか、これ?」とのこと。
 小田さん、ビッシビシ鍛えてやってください。

 *ロボQとは…
  1990年代、バブル絶頂期にあったタダノが世界征服すべく生み出した欲望の化身。当時のタダノ全社員に問答無用で支給される。タダノの狂信的なテレビコマーシャルにイメージキャラクターとして登場。CMは「ビューティフル」編、「フレンド」編、「クリスタルボーイ」編の3編がある。本体は単4電池2本で動き、背中のスイッチをオンにすると音に反応し眼球を赤く点灯しながら上半身を約10秒間左右に振ってくる。凶悪この上ない光景である。




posted by ネイチャーアンクル at 17:03| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

今、逢いに行くぞ。海の向こうだろうが。

01c0b650101e557e3153a962a6e050ed07950011fe.jpg

 かつて、このブログで私は、富士宮という町にザ・G・N・Nこと太孝クレーン総大将、佐野「男の中の男」孝男なる、スッゴイ漢(おとこと呼んでください)が実在することを記しました。

 いまさら言うまでもありませんが、G・N・Nとは、皆さんご存知、義理・人情・浪花節の頭文字であるわけです。

 自身の愛馬「GR−120N」を下取りに出して以来、その苦楽を共にしてきた愛馬の行く末が気になって仕方のない日々を過ごす中、弊社営業よりその愛馬が台湾の台南という町で第二のクレーン人生を送っているのと情報を聞きつけ、居ても立ってもいられない感情が沸き起こり、すぐさま、外務省にパスポートを申請、優秀な息子さんに飛行機チケットを手配してもらい、気が付けば、台北松山空港にいたわけです。

 そこから、台北ステーションに移動、矢継ぎ早に、黄色い色でお馴染み、台湾新幹線に乗り継ぎ、「台南駅」に到着。レンタカーを借り、ナビゲーションにない場所にいる愛馬を探し車で約一時間、「俺の愛馬はどこだ」とばかりに現地の住民に手あたり次第方々で聞き取り調査をしつつ、ついに、「あっ、あれじゃないの?」といった感じに前方に車両を確認。

012c5b6928a74ca304fa69f52bc6bd9e2d1b63132b.jpg

 リアル「うるるん訪問記」「クレーン訪ねて3000里」とは、このことですわ。

 現在、その「GR−120N」をご使用になられている台南に居を構える「凱揮」社の社長様が温かく出迎えてくださり、日本から長く使用していたクレーン車を訪ねてきた旨を説明すると、凱揮社長、まさかの「号泣」。「俺が大事に使っているから安心してくれ」と佐野社長に号泣しながら熱烈なハグ。そして、笑顔になり、熱い握手⇒記念撮影となったわけです。

012ab0427c0d789ea56b72d3d2bd85f019efd625d7.jpg

 凱揮社長曰く、「これから先、太孝クレーンの使用クレーンは全て凱揮で買い取る」との意気に感ずるメッセージもいただき、佐野社長も「こんなイイ漢に使われているんならこのクレーンも幸せだ」との大満足で台南を後にしたのでした。

 佐野社長、同行した息子さんがGPSで車両の保管場所をクリップしてあると思うので、これからは、思う存分、グーグルアースで確認してください。








posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

「漢」と書いて「オトコ」と読む

DSCF0711.JPG

  ヒルズ族、草食系男子、ぱみゅぱみゅといった跳梁が跋扈する今日、真の日本男児を観ることが本当に少なくなりました。正直者が馬鹿を見る時代といってもいいのかもしれません。

  そんな中、皆さんは富士宮という街に「漢」と書いて「オトコ」と読む、真のサムライ、佐野・太孝クレーン・孝男社長が目立たぬように、はしゃがぬように、地元の素敵なお客様たちと日々、心のお付き合いをしているのをご存じでしょうか?

  今回、長年、苦楽を共にしたラフタークレーンを下取りに出すことに。

  泣く人いないでしょ、普通。

  港まで付いてくる人いますか?普通。

  下取り機の行き先である台湾・高雄市に「オレの下の名前と一緒だから」と言いつつクレーンと一緒に行こうとする人いますか?クレーン屋の社長で。この後、本当に冗談抜きで行くんです。

  全部、真顔でやってますからね。

  今どき、時代おくれ、でしょうか?


  そんな佐野社長が僕は大好きです。

posted by ネイチャーアンクル at 16:55| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

シャオさん、おめでとう!

1410433863495.jpg

今回、我々、トモエ自工と長年に亘り友好関係にある台湾法人「洸宏股份有限公司」さんが日本を代表する油圧クレーン、油圧ショベル製造メーカーである加藤製作所様の台湾現地販売代理店に指定されることとなりました。
元々、洸宏さんは油圧ショベル中心に建設機械を台湾にて販売する会社であったため、油圧クレーンを専門にする弊社とは今までお仕事上のお付き合いはなかったのですが、なぜか昔からマッサージ店に行けば会い、飲食店に行けば会い、という間柄で社長のシャオさんとは不思議な縁を感じていました。
会う度に「オヒサシブリデス。」と笑みを浮かべ握手を求めてくるのです。
なぜだかわからないのですが、6〜7年前、シャオさんのお子さんが学校を卒業したときの台北での食事会にも、本当になぜだかわからないのですが、同席していたこともあります。なんでだろう?

まあ、それは今となってはどうでもいいのです。とにかく、今回、そんなシャオさんが加藤製作所台湾総代理に指定されたのです。よかったですね。
新事務所および新ストックヤードも我々桃園ヤードの隣に決まりました。

洸宏さんは台湾にて長きにわたり建機ビジネスを展開されており力のある優良企業なので加藤製作所製品を台湾のにてバリバリ販売していくことと思います。
もちろん、我々、トモエ自工、現地法人和鶴起重工程も全面的に協力、お付き合いをさせていただきます。

添付の写真は現地洸宏さん事務所にて撮影したものです。元来、写真はあまり好きではないシャオさんが「木村がウチのユニフォームを着るのなら」との条件で快く記念撮影に応じてくれたものです。なんぼでも着ますよ。シャオさんの笑顔が見られるのなら。



posted by ネイチャーアンクル at 16:45| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

 3・11 がんばろう ニッポン!!

DSC_2444.JPG


 今日で東日本大震災発生から丸3年を経過することになりました。

 被災地ではまだまだご苦労ご心労の続く日々を多くの方が過ごされています。日本人は熱しやすく冷めやすい民族であると言われています。未曾有の大震災がつい3年前に発生していること、未だにその傷の癒えていない方々が多く実在していることを忘れてはならないと思います。

 この3年間、我々トモエ自工もクレーン車両復旧作業、クレーン車両本体の供給を通じて具体的に被災地の復興に関わっていくという姿勢を続けて参りました。今後もその姿勢に変わりはありません。積極的、主体的に向き合っていきます。

 なにかできることがないかを今後も追及して参ります。

 がんばろうニッポン、がんばろう、東北。

 2014年3月11日 木村亮紀

posted by ネイチャーアンクル at 16:23| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

五股王さん、おめでとう!!

DSC_0226.jpg

 我々、日本法人「トモエ自工」並びに台湾現地法人「和鶴起重工程」が普段より大変お世話になっており長年の「友人」関係である五股の王こと五股王さんが今回桃園の地に新事務所を設立され完成したとの一報を聞きつけた為、台湾緊急訪問となりました。

 ご存じのお客様もいらっしゃると思いますが、弊社の台湾ヤード(車両展示場)は五股王さんのヤードに隣接しておりお互いが普段何をやっているのかリアルタイムに分かってしまう間柄です。

 王さん、いつもありがとう! 謝謝!

 そんな頼もしい王さんの新事務所をお祝いすべく、今回天然木彫りのプロパガンダボードを贈呈することにしました。意味は「商売繁盛」です。

 こんなボードがなくても王さんは絶好調なのですが、そこは気持ちの問題。送り付けることが重要なのです。風水をきちんと詠み、日取りの良い日に事務所の一番目立つ所に掲げてもらいました。

 これで王さんのクレーン販売事業に更なるターボが掛かりビューンってなりますから。絶対。


posted by ネイチャーアンクル at 13:30| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

「V8」ですよ。ドラクエみたい。

P1050509.JPG

 日本国内、油圧クレーン製造者に対する排ガス規制「3.5次」がいよいよスタートしましたね。

 ついて行くのが大変です。「G3」なんか、ほとんど見てもいないのに通過していったわけです。発売していた時期もちょうどリーマンショック後の国内大不況期(H20年秋〜H24年)と重なり、新車としての登録台数も少ないわけで、将来「プレミアム」が付くかも知れませんね。

 KATOさんの25t吊ニューモデル「KR−25H−V8」、茨城工場にて拝見させていただきました。

 相変わらず案内役の方が、「あっちは撮るな」とか、「こっちは、この角度からだと背景が写るので止めてください」だの、「後で問題になるので頼むから止めてください」だの、いろいろ言われましたが、そこは中東のアホどもとのファイトで培った「ダイジョウブ、ダイジョウブ、ノープロブレム」の精神で乗り切ることにしました。神様、大丈夫だよね?

 V8、一番心配していた酸化触媒機構、問題ないですね。意識的に放置しておかない限り「すぐ最寄りの指定工場に搬入してください」状態にはならないみたいです。ジブの張り出しもより簡素になって3回乗り降りするだけでヒマゴまで出せてしまいます。基本走行条件は「A」です。運転席の居住性も格段に良くなっています。

 気になるお値段の方ですが、実機を説明していただいた案内の方に聞くも「それはまた、おいおい営業の方から…」と政治的にかわされ、「だいたい、いくらなんですか?」「まあ、それはちょっと…」、「いや、だいたいでいいんです。参考までに、あくまで加藤さんの希望小売価格として。」「うーん、…エンジンが高くなってましてね…、頑張ってコストダウンしたんですが…、えーっと…」

 どうしたらええんですか?

 でも、みなさん、本当に誠実に、熱心に、丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。モノ創りって本当に素晴らしいです。

[追記]
 今回の商品名は「SR−250Ri」だそうです。
 なぜ「i」が小文字なんですか?と質問したところ、「いやー、世の中最近『i』が流行っとると思いまして、『i−pad』とかあるでしょう?あと、えーと、なんだっけ、そうだ『i−mode』だ。」と満面の笑みでした。
 加藤さんはイケてる感じになりたいみたいです  頑張れ!!

posted by ネイチャーアンクル at 23:57| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

過ぎなすものは心なりけり

P1040112.JPG

東日本大震災。

被災地の方々の心の強さ、健気さには本当に頭が下がります。

かつて、幕末の頃、幕府軍に散々に打ちのめされ世の中から四面楚歌の状態になった長州藩の高杉晋作は「おもしろきこともなき世をおもしろく」と言ったといわれます。

人生は心の持ちようであると私も思います。

自然災害によるあまりにも酷い仕打ちの前に人はその無力さを感じずにはいられません。

だけども、人間は強い。それを被災地の方々が体現しています。

だって、笑ってるんだもの。すごいですよ。

がんばれ!!そして、がんばろう!!


posted by ネイチャーアンクル at 18:37| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

クレーンをナメるな!

crane16-1.jpgcrane16-2.jpg

2007年、ドバイで初めてZOOMLIONに触りました。見たときはドイツ製かなって思わせるフォルムをしていて現地バイヤーがメイドインチャイナなんですよ、って言うのを聞いて、「ふ〜ん」と。おもむろに「乗っていいですか?」と。下手したら人殺しますよ。だって”ガッ”って動くもん。鉄骨の建て方ムリでしょう。空調機の据付も無理だと思う。

私の記憶が確かだとすると50トン吊のクレーンで、「これちなみに値段いくらですか?」と訊ねたらジャパニーズ円で3500万って言ったと思います。そして2日後に電話がかかってきて「ほんとに買ってくれるんなら2800万でいいですよ」と。去年リーマンショック後、死んでしまったドバイに行った際は1800万です、と言ってたと思います。すみません、記憶が曖昧で。なにせ、全く買う気が無いもので。

東京トラックショー行ってきました。因縁のZOOMLION、展示してありました。なので、運転席に乗り込み、係りの人に「操作するので鍵を渡せ」と要求したのですが、「エンジンはかけていいのですが動かすのは勘弁してください」とのこと。日本に輸入して売るらしいです。エラい目に遭うぞ。多分サービスマンは円形脱毛症になる。
posted by ネイチャーアンクル at 18:32| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

オールテレーン雑感

crane15.jpg

220トンのオールテレーンているのかなあ?などとふと思ったりします。油圧クレーンの方向性は明らかにオールテレーンだと思うのです。でも、そのトン数レンジは30トンから150トンでしょうねぇ。このゾーンはオールテレーン化を進めて行くのでしょう。その上は360トン1機種あれば良いのでは?

やっぱり自走するというところがポイントになってきますよね。本体を軽量化するとか。そうすると別送のウエイトが複雑にかつ多パーツ化するわけです。能力表が一冊の本になるほど。解りにくいですね。

オールテレーンは日本で開発・製造してください。ラフテレーンクレーンは自己矛盾を起こしてますから。車輌総重量20トン未満のものはラフターでいけばいい。完全自動停止は要らないですね。そして思い切って25トンオーバーは30トン、60トン、90トン、120トン、150トンというトン数レンジに区切ってオールテレーン化してマーケットインする形でしょうね。世界市場との共通化、クローラークレーンとの差別化が油圧クレーンの次世代の取り組む課題でしょう。それとユーティリティー性ですね。
posted by ネイチャーアンクル at 18:02| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

2008 ドバイ BIG5

crane14.jpg

BIG5とは、いまや中近東の人・物・金における重力磁場となっているドバイで毎年開催される建設機械の見本市展示会なわけです。去年はトラックマウント式高所作業車を擁して出展者側だったわけですが、今年はいろいろと事情(大人の事情)が有り、見る側での参加となったわけです。

去年まで全く眠れる獅子状態であった加藤製作所さんが参戦しているのには正直驚きました。いろいろと質問させていただきましたがエージェントの人、目が助けを求めていましたよ。あと、やっぱりオロット社、エクセレントです。だってフランスだから。代理店になりたい。フランスに研修に行きます。スタッフも皆フランス人。タダで配っているグッズもイケてました。具体的に、どうしたらいいんですか?
posted by ネイチャーアンクル at 16:39| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

千北社長、今日のオレを見てくれ

crane13.jpg

数あるクレーン販売会社の中でも今最も力があり、超優良なのはそう、皆さんご存知、ひかり産業さんなわけです。そのひかり産業の千北社長と多分約5年ぶりくらいに固定電話で話をしたのですが(ブレジネフ・フルシュチョフ会談みたいです)「木村さん、最近ブログ更新してないっすねえ、えーへっへっへっへー」とのご指摘を受け、近々の状況を緊急にアップすることにしたわけです。

新幹線乗りました。グリーン車でした。お弁当は多分3千円ぐらいするやつ食べました。西明石で降りました。内容は秘密です。おいおい判ると思います。

千北社長、こんなんでいいですか?
posted by ネイチャーアンクル at 20:16| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

北起多田野に行ってきました

P1010314.jpg

今回、No1 and the Next を標榜する油圧クレーンNo.1メーカー株式会社タダノさんの中国におけるクレーン車の製造工場「北起多田野」に訪問して来たわけです。

滞在時間が1時間弱と少なかったためあまり詳しくは見られなかったのですが、なんかここ見たことあるなあと感じたのも当然、あとで聞くとタダノさんの志度工場を全くコピーした工場とのことでした。
タダノさん、中国にコピーを持って行くなんて最高ですね。

中国人に負けるな。ZOOMLION なんて全然イケてないから絶対大丈夫だと思う、たぶん。
posted by ネイチャーアンクル at 19:47| 静岡 ☀| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

お詫びと訂正

ハチ公と

先日、私のこのブログ「NATURE BOY WEEKLY」にて大変不適切な表現、都合の悪い真実と言いましょうか、が一部にありました。そのことのご指摘を受け、一時はブログ炎上、そしてブログ閉鎖というギリギリのところまで、まあ白い恋人状態と言いましょうか、行ったわけですが、この場をお借りいたしまして深く陳謝致します。

今後はこのようなことが二度と起きないよう万全のセキュリティーシステムでもってこのブログを運用して参ります。賞味期限が切れてても美味しいブログではダメなのです。

レクサス最高!
posted by ネイチャーアンクル at 19:42| 静岡 ☔| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

いとうただひこ in 大棚の滝

大棚の滝

先週の土曜日に、完全週休2日制の「株式会社タダノ」に勤めている伊藤さんが、カミンズのエンジンのせいで、終日小突き回されてました。そんな伊藤さんと夕方、話す機会があったのですが、「やる気が起きん(身も心も)」とのこと。

昨日はとっておきの手段である「草薙の湯」に浸かり→サウナ、だったのだが、ドロ人形のように気だるい、とのこと。

その話を聞いた私は、これはモノノケの仕業である、と。元気玉をぶつける必要アリ、と。そして夕暮れの大棚の滝に、ミニクーパーに男4人が乗り、急行することに。

途中で工事中ということもあり、「ここから先は立ち入り禁止です」というバリケードを2つ突破して(ヤバいな・・・)、日も暮れかけた逢魔が刻に大棚の滝に到着。何かが憑依したかのように伊藤さんが「行こう、行こう。吊橋渡ろう。僕、滝壺入っていいですか?」

伊藤さん、大地のエネルギーに触れ、ヒクソン・グレイシーみたいになるといいですね。カミンズのエンジンのことは考えなくてもいい・・・。
posted by ネイチャーアンクル at 20:30| 静岡 ☁| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ペ・モリックス

ぶた貯金箱

「カウントダウンティーヴィーをご覧の皆さん、モリックスです」で始まる腐りきった世の中に強烈なメッセージを送るモリックス建機総大将森社長のメッセージが挿入されるトモエ自工プレゼンツ「灼熱大陸DUBAI」撮影快調です。

今日は森社長出演部分の撮影を行い、森社長は今日でクランクアップとなりました。森社長お疲れ様でした。ぺ・ヨンジュンなんかより全然上です。NGも一度きり。台詞を覚えられずカンペは出しましたが、最高じゃねーですか?

近日公開予定。Comming Soon !
posted by ネイチャーアンクル at 18:59| 静岡 ☔| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

1277日ぶりのユニフォーム

tadano

今回、世界NO.1油圧クレーンメーカーTADANOさんの事務服がリニューアルされたとのことで何気なくどんなものかなあと思って着てみることにしました。ほんとに何気なく。

そうしたらそれを見たTADANO勤続15年サービスマン伊藤さんが「いやー何か感慨深いな〜。木村社長がその服を羽織ると。うれしいなー、わだかまりが無くなって」

同じくTADANO勤続17年の営業マン二川さん曰く、「社長、お気遣い頂いてありがとうございます。やっぱりしっくり来ますね、いいですねぇ」

そう言われれば「TADANO」とロゴの入った衣類を身に纏うのは、よく考えたら3年半ぶりなんですよね。

感慨?特に無いなー。
posted by ネイチャーアンクル at 20:59| 静岡 ☁| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

2007年1月21日 DSゲット

DS ゲット

 皆さん、横浜ジャックモールにてニンテンドーDSを、朝10時5分ごろ、確保しましたよ。

 やりたいソフトがあるのに、ハードが入手できないというジレンマ状態がここ3ヶ月くらい続いていたのですが、一瞬PSPに傾いたこともありました。そして、また一瞬、中古屋さんで2万8千円で売っているDSに行きかけたこともありました。でも、今日、あらゆる困難を乗り越え(だって100満ボルトで入荷未定なんだもん)、DSを買うことができました(夢じゃないか?いや夢じゃない)。

 興奮のあまり、ソフトを買うのを保留にしてしまいました。

 この状況って何か油圧クレーンに似てるよね? 

 もう、ドバイ行きエミレーツ航空に11時間閉じ込められても克服できる。

 
posted by ネイチャーアンクル at 21:09| 静岡 ☁| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

いとうただひこ に刮目せよ!

GA1000.jpg

皆さん、知ってますか?いとうさんは心臓がB判定です。そして、首も痛いし足がヨロヨロです。そんないとうさんが今日は100tクレーンの運転指導をやってくれました。

娘が二人居るんです。家のローンも有るんです。死んだらローンがチャラになるんです。乗ってる車はファンカーゴ。一人で乗ってるファンカーゴ。GA1000Nのブームよ、伸びろ伸びろ、もっと伸びろ!撓ってもいいからもっと伸びろ!そして名古屋にとどけ!小牧のへんまでとどけ!
そして、いとうさんの娘達よ、いとうただひこは此処にある!

いとうさん、ご家族に一言メッセージを!

いとうさん:「・・・特に思い浮かばないなあ」

いとうただひこ に刮目せよ!
posted by ネイチャーアンクル at 20:09| 静岡 ☁| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

モリックスの真実

morix5.jpg

今回は、トモエ自工経営企画室ヒロセが筆を入れさせて頂きます。

ある日、50tonのクレーン車を回送して富士市にある塗装会社に行くことがありました。無事回送を終え、塗装会社で休憩をしていたところ、「これはこれは首脳陣がお揃いで!フェフェフェ」とトモエ自工を回る衛星”モリックス総大将森社長現る”でした。

森社長は当ブログのことに大変注目されているとのことで、「モリックスの謎 part2」について真実を30分くらい語ってくれました。

モリックスとは・・・優良企業であること、何故ならINAX、富士ゼロックス、マツダRX-7(ロータリエンジン)、ORIX(モリックス、Mを取ったらORIX)、だからなんです。
ちなみに、トヨタの「マークX」よりモリックスの方が先だからトヨタ自動車はとんでもない、とのことでした。

そして最後に、わたくしヒロセが会社を起こす際は「ヒロックス」にすると良いと許可して頂きました。

おでん屋でもやります。
それでもヒロックスですか?
posted by ネイチャーアンクル at 19:43| 静岡 ☁| 油圧クレーン業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする