2015年08月29日

七転八起ではない、七転八倒である

21193354942_2615986d49_o.jpg


 今回、ご縁があって沼津千本浜公園ほど近い沼津倶楽部ヨコに住居を借用することにしました。使用は10月1日からを予定しております。一部社員寮兼迎賓館としての使用を構想しております。いずれかの日に皆さまをお招きできる日が来ようかと存じております。

 さて、そんな新迎賓館「巴倶楽部」に設置する各種のオブジェを取り揃えようと、今回、「山梨のおじさん」ことⅯ氏(たぶん望月さんという苗字だと思います。どうでもいいよねそんなこと)を3年ぶりに訪れることにしたわけです。

 おじさんは骨董品の収集を実益と趣味の微妙な境界線上で生業としていて虚実混交の人です。
 「あんたがそんなこと言っちゃあダメだよ」「買ってくださーい、よろしくお願いしまーす」「値切るなよぉ」が口癖のアンダーグランドなリアル無頼派です。なんて言うのかなぁ、明日はどっちだ、ああこっちか、えっ、そっちなの?じゃあ、3万円でいいよ。おまけも付けるから、みたいな人です。

  ♪♪何か〜ら何ま〜で 真っ暗闇よ〜 筋の通らぬことば〜か〜り〜
   右を向いても左をみても〜 バカとアホウの絡み〜あ〜い〜
   どこに男の夢があ〜る〜 ♪♪
  (セリフ)
   なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
   そういう私も日陰育ちのひねくれ者
   お天道さまに背中を向けて歩く、バカな人間でございます
          (鶴田浩二 『傷だらけの人生』より抜粋)

  可哀想になったので謎の仏像9体セットを買ってしまいました。

  最初は12体セットだとの説明の中、数えてみたら9体しかなく、おじさんに「全部そろってないですよ。ダメじゃないですか」と指摘すると、「こんなのは全部そろうわけないの!全部そろうわけないじゃん!」とお説教をくらわされました。おじさん、ごめんなさい。

  
  生まれた土地は荒れ放題 今の世の中 右も左も真っ暗じゃござんせんか… 
  (鶴田浩二風の口調で)

  おじさんの古い蓄音機を必死になって「大丈夫だよ。ちゃんと音は出るんだから」と言いつつ、グルグルグルグル、グルグルグルグル、廻し続ける姿は感動すら覚えました。


  生きていくって本当にしんどいものなんですね。
 


  


posted by ネイチャーアンクル at 00:00| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする