2014年02月24日

 ワシームってイライラする。

image12.jpeg


  画像の男はキンニク・マリポーサではありません。ワシームです。

  彼はドバイの弊社現地法人「トモエジコウマシナリー」の敵対勢力「アル・ラス」社の輸出入業務担当マネージャーです。「テンション」がどうしようもなく上がるらしく、時々、我々の前に姿を現わします。

  「テンション」が上がる原因? もちろん「アル・ラス」社の暴走機関車、社長のサジットのせいに決まってるじゃないですか。6年くらい前に一緒にドバイの本屋に行った際、「マネージメントの基本」なる本をゲットし「オレはたまには真面目なのさ。こういう本も読んだりするんだぜ。」とこんなオレ、どう?的なオーラを出しまくっていたサジットでしたが、全く本も効果が無かったみたいです。ショーパブでチップと一緒に本も投げたんじゃねーの。ワシーム、かわいそう。

  そんなワシームですがインド人です。一日タバコは7本と決めていて吸う時刻まで決めています。「テンション」が上がるからです。この7年くらいでめっきり白髪が増えてしまいました。初老という感じで、かつてウチのスタッフとチップをもらう、もらわないで大乱闘を繰り広げたバイタリティーはサジットに吸いこまれたみたいです。

  ワシームの今の希望は「iパッド」を入手すること。会うたびに「ミスターキムラ、オレにiパッドを支給してくれ。」と要求してきます。「くれぐれもサジットには内緒で頼む。」とのことです。

 ワシーム、インドに強制送還してやろうか。

 ジョークだよ、ジョーク。

posted by ネイチャーアンクル at 16:49| 静岡 ☀| トモエ自工近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする